(参考)標準管理委託契約書

第十八条

  1. 甲及び乙は、その相手方が、本契約に定められた義務の履行を怠った場合は、相当の期間を定めてその履行を催告し、相手方が該当期間に、その義務を履行しないときには、本契約を解除することができる。この場合、甲及び乙は、その相手方に対し、損害賠償を請求することができる。
  2. 甲は、乙が次の各号のいずれかに該当するときは、本契約を解除することができる。
    1. 乙が銀行の取引を停止されたとき、若しくは破産、会社更生、会社整理、民事再生の申立をしたとき、又は乙が破産、会社更生、会社整理、民事再生の申立をしたとき
    2. 乙が合併又は破産以外の自由により解散したとき
    3. 乙がマンション管理業の登録の取り消しの処分を受けたとき

第十九条

前条の規定にかかわらず、甲及び乙は、その相手に対し、少なくとも三月前に書面で解除の申入れを行うことにより、本契約を終了させることができる。